« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

リスト!

今忙しい。
で。ちょっと現実逃避。
この忙しさを抜けたらすることリストshine

・花の苗を買う
・本を沢山読む
・映画に沢山行く
・断念していた予定を詰め込むだけ詰め込む
・次回慌てないために日々少しずつ次のシーズンの準備をする
(これ大事)
・京都へ行く
・金沢へ行く
・テニスする
・マラソンする
・遊ぶ
・日記をちゃんと更新する
・料理教室を再開する
・ニ胡教室を再開する
・飲み会も沢山参加する
・パン作りもしたい

やりたいことが沢山。

| | コメント (0)

*告知*

xmas Marche de Noel vol.3 xmas
~かわいい*楽しい*おいしい クリスマス


説明:名古屋で活躍するShopやクリエイター達が
R Base Cafe でクリスマス市を開催☆
友人への・恋人への・家族への、そして
自分へのプレゼントを探しに来てください♪

日にち:12月5日(sat)12:00~18:30
       6日(sun)12:00~18:00

  場所:R Base Cafe 2Fフロア
 http://cafe.della-nagoya.jp/e17971.html

| | コメント (0)

テニス

忙しい、忙しいと言いながらもテニスを今週は週4日もやってしまった。
きっと理性が働かなかったら昨日もやっていたところ。。。

私、運動音痴に見えて自分で言うのも何なのですが、意外と運動全般は平均以上に出来る方。年齢別じゃないと今は難しいだろうけどね。

小さい頃クラス別、部活別、地域別の対抗リレーにはかならず駆り出され、運動テストではいつも金メダル。体育はいつも5(昔取った杵柄)


だ・け・ど・・・。
テニスだけはどうも出来ない。
足を引っ張っているsweat02
どうしても同じ動きが出来ない。
ボールと自分との距離感が分からない。自分の腕の動きが把握できない。

こんな事書くと語弊があるかもしれないけれど運動が出来ない人の気持ちがやっとわかりました。

沢山練習して上手になりたい。



| | コメント (0)

絵を描く事が上手な友人がある日筆を置いた。
彼女の重い世界が好きだった。
目の中に闇が広がっているような青さが好きだった。
彼女が描く世界は全てが深く暗い。
未来がない。絶望の世界。悲しみの世界。
誰もが心当たりのある世界。
そんな彼女はある時絵を描くのをやめた。
「幸せになったからもう絵を書くことはできない。」
それが理由だった。

勿体ないって思った。
心とそんなに密接な物なのかと驚きもした。

でも今はその気持ちがちょっとわかる。
私は愛がないと創作意欲がなくなるらしい。
乾いた心ではダメらしい。

思えば沢山の愛に囲まれて満たされていた。
今も昔も周りの愛は変わらずある。
受け止めそして返したい。

| | コメント (0)

ドキドキ

本日は国際交流パーティーのミーティング。
私は送りがあったので遅刻してしまいました、すみません・・・sweat01
前回の七夕パーティーはお客様な感じでいたのだけど今回はちゃんと加われてうれしい。
もっともっと人前でお話ししたり、人前が得意だったら可能性が広がるんだろうに・・・。
と思う。
だから少しずつ少しずつ慣らして行きたい。
実はここだけの話し、緊張すると手が震えるのshock
それを知られるのが嫌でね、どんどん人前が苦手になってしまったの。
知られるのが嫌だと思うからいけないんだflair
と最近はそれに気付き前もって言うようにしてます。

来週の秋パーティー成功するといいな。

| | コメント (0)

今日は元気!

昨日は散々な事が沢山あって「どよよぉぉぉぉ~ん。」としていたのだけれど問題は本日全て解決。
そもそもは自分の不注意さから生じた事だったため情けなさで泣きたくなった。
けれど気を引き締め新たな気持ちにもなれた。
そして解決した事により気分がすっきり。
嫌な事とかピンチって乗り越えるとちょっとだけ幸せになってるねheart

もう同じ間違いはしたくない。
明日からまた頑張ります。

| | コメント (0)

愛した人は一人だけ

本日、友人と映画ココ・アヴァン・シャネルを見に行きました。
本当はココ・シャネルを見たかったのだけれどシルバー劇場へ行ったら昨日まででした。
そのため急遽ミッドランドシネマへ。
こじんまりとしたミリオン座、シルバー・ゴールド、キノシタホール、名演小劇場好きな私にとってもっとも苦手なのがここ。
ここへ行くくらいならばシネコンへ行くね・・・。
感想。
うーーーん。そこが知りたいわけじゃないんだよ!!
なんならば愛情云々は要らない。
ものづくりの方を重点的に見たかった。
製作することについての苦悩とかそういうの・・
映画は主にココ・シャネルの恋愛模様を中心に描かれており、人との巡り合わせで成功しましたという感じすらする。
きっとそうじゃないはず。
女性が働くなんて信じられない!と思われていた時代に最終的にコレクションが出来るようにまでなる経緯。
帽子のデザイナーから服飾のデザイナーへの転身した経緯等、そういうのを知りたかった。
映画では残念ながらほとんどその部分は描かれておらず、ただの恋愛映画を見た感。
(サクセスストーリーではなく、ただのラブストーリーを作りたかったとしたらぴったりと枠にはまってるけど。)
友人も同じ意見だったらしく、映画鑑賞後二人して不満を熱く語る。

でもね。きっと、私も友達もデザインお宅だからこその不満であって、幅広い観客を動員させるとなると恋愛を前面に出している方がやはり良いのでしょう。
ココ・アヴァン・シャネルがシャネルの基軸を描いているとしたら、ココ・シャネルの方その後を中心に描いているみたいなのでやはりそちらも観に行こうと思います。
あ。そういえばまだ友人から借りたココ・シャネルの本読んでなかった。
ごめんなさいsweat01

| | コメント (0)

木曜日

又何も書かないまま日にちだけが経っていきそうなので・・・。
木曜日はホームヘルパー講座時代の友人と飲みに行きました。
もうかわいくってしょうがない。
飲み仲間が出来たということがこの講座を受けたことによる成果!!

講座初日、彼女の隣の席に座った瞬間『友達になりたい!!』と思ったの。
なんだろうねーあの直感。
めでたく友達になれている現在。
ラッキーですshine

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »